海外工場 × 遠隔支援

スマートグラスを利用した海外工場との遠隔支援

背景

昨今、製造業のグローバル化が進んでおり、海外に生産拠点や提携工場を持つ企業も多くあります。

”コミュニケーション活性化”の1つの手段として、ウェアラブル端末で遠隔支援を利用する取り組みがなされています。

AtlasRemoteの効果・メリット

コミュニケーション強化

言語の壁があり、コミュニケーションがスムーズにいかない状況であっても、目線映像を共有、豊富な機能を利用することで、
コミュニケーションを取りやすくし、正確な情報共有をタイムリーに行います。

海外出張を減らす

グローバル化による社員の海外出張の頻度が増え、コストの負担を考える企業も少なくありません。
技術指導や品質確認といった作業を、遠隔指示で行うことで、出張する人数を減らせ、コストを抑えることができます。

問題の早期解決へ

問題発生時の対処に、日本からのサポートが必要な場合もありますが、
日本に居ながら、海外の現場へサポートが行えるため、問題の把握や対処が素早く行えます。

距離を超えたサポート

近くであれば、直接出向きサポートということも可能ですが、海外であれば当然そういったことはできません。
遠隔支援であれば、海外の現場であっても、あたかも隣で作業を一緒に行っている感覚でのサポートが行えます。