離島医療 × 遠隔診療

 

スマートグラスを利用した離島・へき地との遠隔診療

背景

2018年に厚生労働省からオンライン診療(遠隔診療)が適切に行われるための指針が発出されました。
対面診療の補完として、離島やへき地の患者などを遠隔で診療する取り組みが進められています。

AtlasRemoteの効果・メリット

離島やへき地でも専門医の治療を受けやすく

専門医の診療を受ける必要がある場合、離島やへき地の患者はなかなか受けることができなかったが、
近くの医療機関(中核病院)と専門医のいる医療機関とを結ぶことで、診療を受けやすくなった。

非専門医が患者の手を取り、スマートグラスが映した患者の様子をパソコンのモニターで見ている専門医がアドバイスする。
2人の医師がほぼ同じ視野を持ち、共同で診療することが可能だ。

低遅延、滑らかな映像

診療の現場でストレスなく利用するためには、低遅延で滑らかな映像が必要とされた。
AtlasDirectionはWebRTCの技術を用いることで、低遅延で滑らかな映像を提供できるため、診療の現場においても採用されている。

地域医療を支える

遠隔医療支援システムを通じて”各地域で暮らす人々の健康や生活を支える”ことが、実践され始めています。
Atlasは「バーチャル専門外来」として活用されている事例もございます。